保健師の転職、気になるあれこれ!

保健師の転職サイトで仕事探し



保健師求人の仕事を探す際のポイントは保健師として、どんな仕事をしたいかによって変わってきます。保健師は 公務員として働く場合もありますし、看護師の業務も合わせて行うなど、一言に保健師と言っても様々な働き方が あります。

職場によって仕事探しをする媒体も変わってくるので、まずは自分の整理をして、そこから仕事探しを 始めましょう。 気分の希望が定まってきたらいよいよ仕事探しです。保健師の仕事で一番一般的なのは、行政保健師の仕事です。

公務員として市町村にある保健所などで働く仕事です。やはり公務員の安定性は人気で、希望する方も多くいます。 行政保健師の募集は転職サイトや求人広告にはまず求人が載りません。市町村が定期的に発行している機関誌や その市町村のホームページなどで募集が出される事があるので定期的にチェックしておきましょう。

次に産業保健師という企業で働く場合や、その他の市町村の管轄ではない民間の職場での勤務の場合ですが、 こちらは転職サイトから探すのが一般的になっています。求人広告や新聞などでも募集されていたりもしますが、 頻繁には出ておらず数が少ないのと、すぐに定員に達してしまうものが多いです。

転職サイトだと数は比較的ありますし、最近は保健・看護系の仕事に絞った転職サイトというのもあります。 最近では保健師の仕事も幅広くなってきて、保健所や企業での周りの人たちの健康管理以外にも、様々なニーズの 仕事があります。

海外で働く保健師の方も出てきており、活躍の場は世界にも広がっています。安定を求める方が 多い保健師の仕事ですが、チャレンジしてみたい方や自分らしい働き方を求める人にも、そういった機会が 増えてきています。

転職サイトで仕事探しをする際のメリットは転職エージェントという方が無料で転職のアドバイスをしてくれる サービスがあったり、転職する職場が決まった際にはお祝い金が出たりする所もあります。様々な情報をチェックして 自分に合う仕事を見つけていきましょう。

保健師求人-産業保健師になるには?

産業保健師になりたい場合は、「産業保健師」という資格があるわけではなく、保健師の資格を持っている人であれば目指すことができます。 つまり、まずは保健師の資格を取得したうえで求人を探す必要があるということですね。

保健師になるためには看護師の資格を取得する必要があるため、産業保健師を目指している人の中には、現在は看護師としての経験を積んでいるという人も多く存在しています。

つまり、産業保健師の求人情報が出た際には、新卒の保健師の他、既に看護師として経験を積んだうえで保健師資格を取得した人も応募することになるわけです。 こう考えると、新卒の保健師の場合は採用されるのは簡単なことではありません。

一つの職場に対して何十人もの産業保健師がいることは非常に稀なので、どうしても数人の募集になってしまいます。 採用できる人数が多くないという場合は、どうしても経験を積んできた保健師のほうが採用されやすくなってしまいますよね。

新卒保健師の方が産業保健師を目指す場合、大企業が出している求人をチェックしてみるといいでしょう。 社員数が多い企業であれば、産業保健師も多めに募集している可能性が高くなります。

もちろん、社員数が多い企業でなければ産業保健師の求人が出ていないというわけではありません。 産業保健師の求人を出しているところは社員数の多い企業が中心なのですが、産業保健師がいる企業では様々な病気の予防や対策を取ることができるため、生活習慣病を抱える社員が少ないという特徴があります。

しかし、産業保健師がいない企業では生活習慣病の予防がうまくできないなどの理由から、社員の健康状態があまりよくないところもあるのです。

そういったことにならないように、産業保健師の求人を出して社員の健康状態の悪化を食い止めたり、病気の予防に力を入れている中小企業もあります。 産業保健師は人気が高く、新人保健師はベテラン保健師に比べて不利になってしまいますが、とてもやりがいがある仕事なので、根気強く求人を探してみましょう。

産業保健師の年収事情

産業保健師の給与平均は、月給が25万円から30万円となっており、年収にすると400万円台後半から500万円台前半となることが多いようです。

一口に保健師といってもどこで働くかによって年収は大きく変わってきますが、産業保健師はその中でも年収に開きが出やすい職業です。 というのも、各企業によって条件が大きく違うためです。

それに、経営の状態が傾いたりすれば、それに伴ってボーナスがカットになったり、年収が減ってしまうこともありますよね。

これは勤務時間についても同じで、勤める会社の他の社員と同じように規則的な勤務をすることになります。 保健師の資格を持っているからといって特別に給料が高くなるというわけではありませんが、安定している大企業に勤めることができれば、高収入も期待することができるでしょう。

人によっては、30代のうちから年収500万円以上、40代になれば年収700万円を突破するケースもあります。 ただ、中にはあまり給料の条件がよくない会社もあるようです。

給料を重視して就職先を決めようと思っているのであれば、転職タイミングについても考えてみてはどうでしょうか。 産業保健師の求人で募集される人数というのは、一社あたりほんの数人です。 一人のみ募集というところも多いのですが、これは定期採用という形ではなく、現在働いている保健師に欠員が出た場合に臨時で募集されるケースが多いようです。

求人の数は多いとは言えない状況なので、その中から高収入が期待できる職場を探すというのは簡単なことではありませんよね。 できるだけ高い給料が得られる求人を探しているということであれば、たくさんの求人情報をチェックするようにしましょう。

この時、看護師や保健師といった分野に強い転職支援サイトを選択することも大切です。 通常の求人サイトでは産業保健師の求人情報はほとんど見つけることができないので、どの転職支援サイトを活用するのかによっても希望できる年収が大きく異なってきます。

↑ PAGE TOP