保健師の転職、気になるあれこれ!

保健師の年収・収入・待遇について

保健師の収入は大きく二つに分かれます。公務員としての勤務か、そうでないかという違いです。 市町村の市役所で働いたり、保健所などで勤務する場合、公務員として働く事になります。 公務員としてのメリットは安定性。収入の伸びは大きくはありませんが、毎年少しずつ伸びる事と 夜勤や長い残業もあまりないため、働きやすいです。

公務員としての保健師求人は一般の公務員と違い、保健師という資格を持っているので、その分も 手当として加算されます。夜勤はありませんが、緊急の救急の仕事が入る時には救急呼出手当という 手当も付きます。公務員なので福利厚生も厚めになっています。公務員は働きやすさという所では メリットはやはり大きいです。

公務員以外、病院や企業で保健師として働く場合についてですが、日勤と夜勤で分かれます。 日勤だけの場合でも、一般職よりも保健師と看護師の資格の分だけ、高くなる事が多いです。また、 そこに夜勤が加わると収入はその分手当が付き、高くなります。

公務員の場合は仕事量的にも比較的安定していますが、病院などでの勤務の場合で夜勤も加わると ハードワークになりやすい職業です。救急で呼ばれる事もありますし、休みなどでも電話がかかる事も あります。そのため、病院では人手不足に悩まされている職場も多くなっています。

このような環境のため、収入以外の待遇も配慮している職場は多いです。ボーナスの査定で 配慮されたり、病院などでは借り上げのマンションがあり、そこに無料や低料金で住む事が 出来たりもします。保健師は女性の方が多く、それに合わせて配慮もされている場合が多いです。

収入や待遇は職場によってもちろん事なってきますが、あなたが保健師の仕事を生かしてどのように 働きたいか、という事が大切になってきます。自分の中で、この点は譲れないというものを しっかり持って、その上で収入や待遇面を合わせて考える事で、これから先の仕事をやりがいを 持って行っていけるでしょう。

↑ PAGE TOP