保健師の転職、気になるあれこれ!

保健師と看護師、どう違う?

看護師と保健師はよく、どう違うのかが分からないという方がいます。看護師と保健師の違いについてです。 治療と予防は大きく違う、という話を聞いた事があるかもしれません。看護師は病気やけがをした人の治療を サポートをするという仕事が主な業務になります。

それに対して保健師求人は、けがや病気になる前に予防を行う業務が主になる、という違いがあります。 けがや病気はなった後では一大事になる事も少なくありません。健康な生活を送るには治療も大事ですが 日ごろから予防をしておく方が、より大切になってきます。

保健師は看護師の資格も有しており、看護師の仕事も行う事が出来ますが、看護師は保健師の仕事を行う事が出来ないのは、看護師の方は予防の知識を十分には 持ち合わせていないためです。保健師は看護師の仕事をより深めた位置づけの仕事と言えます。

また、看護師は仕事の場が主に病院になりますが、保健師はその活動の場がより広くなっています。 病院はもちろんですが、市町村の保健所や学校の保健室、企業などに入る事もあります。とても応用が利く 職種です。看護師に比べて、保健師としてどういう仕事をしていきたいかという事をあなた自身で考えて 決められる自由度が高くなっています。

看護師は病気になって病院に来られた患者さんのサポートがメインになりますが、保健師になると、地域の 様々な方の健康をサポートする事が出来ます。学ぶ知識や経験などはもちろん保健師の方が多くなりますが、 その分自分で行える業務の幅も広がります。より幅広くチャレンジしていきたいという方にはお勧めです。

また、収入面でも保健師は看護師資格も両方持ち合わせている分、高めに設定される事が多いです。 ただ、夜勤や休日出勤などは看護師の方が多い傾向にあり、その手当分を含めると、看護師と保健師の収入は あまり差はない例が多いです。ボーナスは一概にどちらが高いとは言えない部分ですが、月収と同様、 保健師の方が資格分は反映されます。

↑ PAGE TOP