保健師の転職、気になるあれこれ!

保健師の勤務時間について。休日出勤はある?

保健師の勤務時間などについてです。保健師の仕事は看護師としての業務に積極的に関わるかで大きく変わって きます。その理由は看護師の仕事には「夜勤」が付いて回るからです。看護師の仕事は病気の患者さんを相手に するため、急な病状の変化などに対応出来るよう、夜勤があるのはご存じの方が多いと思います。

シフトで最初から夜間の勤務になっている事もありますし、緊急で救急の案件が入り、呼び出される場合もあります。 保健師の場合、看護師の業務が必ずしもメインではなく、勤務地で来院される方の健康に関するアドバイスや 指導を行ったり、地域医療のサポートをする場合などは、あまり残業もなく、夜勤というものも基本的にありません。

そのため、午前8時半、または9時頃から17時頃までの勤務時間というのが通常になります。 保健師としての仕事だけであれば、非常に働きやすい職場も多いので、特に女性には人気が高いです。基本的に 土日もしっかり休める所も多いですし、残業も準備や後片付けなどの処理だけの所もあります。

保健師の仕事は 看護師の仕事よりも求人が少なめの傾向ですが、根気よく探せば希望に合う職は見つかる可能性は 高いです。転職サイトなどでこまめに情報をチェックしてみましょう。

ただ、看護師と保健師の仕事を比較すると、どうしても看護師はハードワーク、保健師は比較的楽な仕事と 思われがちですが、保健師は看護師よりも豊富な知識や経験が必要だったりと、別の意味の大変さというものは あります。また、給与面では看護師の業務をすると夜勤手当などでかなりの額になるので、収入では看護師の方が メリットはあります。

保健師の仕事はあなた自身の中で時間にゆとりがあった方が良いのか、年齢的に考えて若くて頑張れるから収入が 高い方が良いなど、仕事の仕方で大きく差が出てくるので、ライフスタイルを見直して、考えてみると良いでしょう。 参考に、最初は保健師と看護師業務を両方行い、そこから保健師の業務に絞っていくという方は多い傾向にあります。

↑ PAGE TOP